おりじなる12のこころ

呼吸する魂。宇宙と12の心は倍数無限大。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙人が地球に来ている理由

4月10日の花


遥か昔から地球の文明に関与していた近隣惑星の人類がいたと言われています。
近隣惑星人の乗り物であるUFOと呼ばれる宇宙船は現代地球文明を生きている人にとって、ひと昔の人々よりは理解しやすくなっていると思われますが、まだ混乱している情報が強く根付いています。

しかし地球の科学文明が宇宙の近隣惑星の科学文明より遥かに劣っていた時代から比較すると現代の地球の科学力は僅かに劣っている位に近づいている事実があります。

この科学の恩恵のなかで生活している地球人なら混乱している情報に巻き込まれないで宇宙文明人を理想とすることも可能だと思われます。

ただ問題があります。地球の各国が保有している核爆弾の危険性です。
この状況で核戦争を引き起こせば、地球だけの問題に止まらないで、太陽系のバランスすら崩してしまいます。そういう理由もあって、1950年前後以降は宇宙人側から核戦争を阻止するための働きかけが、繰り返されてきた事実もあるようです。


私たちは地上に溢れる食材や科学を生み出す資源のなかで生きています。
それは他の惑星でも同じことです。
ゆういつ異なるのは、その恩恵が精神的摩擦のない状況の文明のなかにあるか、摩擦の多い文明システムのなかにあるかの違いです。

私たち地球人は感覚器官で考え思う文明のなかにいますが、宇宙人はフィーリングで生活する文明のなかにいます。執着した思考は摩擦や限界を生み出しますがフィーリングには摩擦や限界がありません。その生き方の違いの積み重ねが地球文明と宇宙文明の差を進行させています。

宇宙人は地球人の興味を満足させるために地球に来ているのではなく、宇宙のフィーリングを知ってもらいたいから地球人に示唆しているのです。宇宙の真相は宇宙に出て実際に体験して自覚のなかで知ることになります。頭の中のイメージの世界だけでは真実を体験したことにはならないのです。そのことを教えています。

suzumoto
      

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

suzumoto

Author:suzumoto
体験談。
日常生活で気付いた感想。
感じた印象等を書いています。
ちなみにプロフィール写真は
20代の頃の私です。

写真も載せています。
渦巻き銀河以外は
コンパクトデジカメですが
自分で撮影した
縮小版の写真です。
よろしく。

リンクはフリーです。

最新記事

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウント

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。